ニキビを治すには基本的な見直しが必要!

 

思春期ニキビ

 

私も思春期ニキビに悩まされていました。

 

学生時代など、ちょうど青春のときになぜできるのかといつも思っていました。

 

 

思春期ニキビは誰もが通る道だとは思いますが、少しでもなくしたいと思いますよね。

 

私はまずお菓子を減らしました。

 

 

学生時代はポテトチップスやチョコレートなど脂っぽいものやニキビができやすいものを平気でたくさん食べていました。

 

食べることはやめられませんが、量を少しでも減らすことができれば効果が出ると思います。

 

 

やはり食べ過ぎはよくないので、食べたくなっても少量にして飴などでごまかしていました。

 

他にもメイクが落とし切れていなかったりするので、クレンジングをしっかりするようにしました。

 

 

メイク残しがあると毛穴のつまりが起きてニキビができやすくなってしまうので、肌を清潔に保つように心がけました。

 

安いクレンジングオイルでもたっぷり使い、洗い残しがないようにしました。

 

洗顔もしっかりやり、保湿もたっぷり化粧水を使うようにしました。

 

 

すると肌に変化が出てきました。

 

ニキビができても悪化することなく、すぐ治るようになりました。

 

 

また保湿をしっかりやったおかげか、肌の調子もよく化粧のりがよくなりました。

 

他にもニキビができたらすぐにオロナインを塗るようにしました。

 

 

寝ている間にとれちゃう心配があったので、オロナインを塗ったら絆創膏をその上から貼って寝ました。

 

すると朝起きたときには小さいニキビであれば治っています。

 

 

大きなニキビでも炎症がおさまっていたりするのでオススメです。

 

私はよく鼻や鼻の下にニキビがよくできていましたが、基本的なことをやったおかげでニキビができにくくなりました。

 

 

顔の中心で目立つところにできてしまうと、外出するのも嫌になってしまいますよね。

 

食事に気を付けて、洗顔をしっかりやり、保湿もしっかりやる基本的なことでここまで改善されるとは思っていませんでした。

 

 

ニキビに悩んでいる方々も、今一度今の生活を見直してみてはどうでしょうか。

 

何気なくいつもやっていることがニキビに繋がっているかもしれません。