芯が残ると再発するニキビ

 

ニキビの芯

 

毛穴に汚れがたまって、その汚れのつまった毛穴にアクネ菌などのばい菌が付着すると毛穴の中で炎症が起き、ニキビが発生します。

 

ニキビは真ん中に芯があり、その芯が残ると根治しておらずまた再発を繰り返します。

 

 

芯はとても痛いので、もとになる芯を取り除いてあげるのが一番治りが早いです。

 

ですが、ニキビの芯はそう簡単には取り除けません。

 

 

お薬で炎症を抑え、腫れを引かし、ゆっくりと治す方法もあります。

 

無理やりニキビをつぶしたり傷をつけてしまったら治りが逆に遅くなってしまい悪化させてしまいます。

 

 

ニキビも厄介なもので、あとが残ってしまう恐れがあるので気をつけなければいけません。

 

無理やり芯を取り除こうとギュッと挟んでつまみだそうとしてもニキビの芯はなかなか皮膚の外には出てこず、逆に真っ赤になり、周りがうっ血したように赤く腫れあがったりもします。

 

 

かなりの痛みと赤みの大きさで女性ではお化粧でもなかなか隠せない場合があります。

 

ニキビはどうしても気になるので汚いばい菌だらけの手で触ってしまうことがあります。

 

 

それはもう悪化させているようなもので、ニキビはあまり触らないようにするのが一番です。

 

お薬を塗る時も洗顔後きれいになったうえでアクネ菌退治のお薬を塗ってあげましょう。

 

 

ニキビが出ていてもお肌はかなりお薬やニキビ用の化粧水などで感想をしています。

 

ボロボロとニキビの周辺の皮がめくれてくる場合があるので、ニキビのお薬を塗る際はニキビ用の化粧水でもそうですが、できれば綿棒などの細いもので優しくピンポイントで塗ってあげるのがポイントです。

 

 

ニキビ周辺のお肌はそれでなくともダメージをかなり受けているのに、その上にお薬を塗られるとお肌を痛めつけにいってるとしか思えません。

 

お肌を清潔にし、毛穴の汚れを優しい泡で取り除き、ふたをするように化粧水や乳液を塗ってあげましょう。

 

決してお肌のバリアを壊すようなゴシゴシこすったり、パンパンパッティングにたたいたり、お肌にはできるだけ刺激を与えないようにしてあげましょう。