インナードライ肌のニキビに効果的な化粧水の使い方!

 

化粧水

 

ニキビが出来るのはオイリー肌の人だけだと思っていませんか?

 

思春期の頃と違って、乾燥している人にもニキビは出来ます。

 

その中でも、インナードライ肌の人がニキビを治すのに効果的な化粧水の使い方についてご紹介します。

 

 

インナードライ肌とは、肌の内側が乾燥しているが故に、肌表面に過剰に皮脂が分泌されている状態を指します。

 

ただオイリーなだけではなく乾燥しているからこそ油分が多いという、水分と油分のバランスがとても悪い状態。

 

 

そのため、肌表面の皮脂が毛穴につまってニキビになることがあります。

 

そんな時に上手に使いたいのが化粧水。

 

大切なのは、保湿を重視することです。

 

 

肌表面がオイリーでニキビができているからといって、さっぱりしたオイリー肌向けの製品を使うのではなく、保湿をしっかりしてくれる製品を使いましょう。

 

インナードライ肌とは水分が極端に少なくなっている状態だからこそ油分が多く分泌されているので、そのアンバランスさを改善するためには水分をしっかり与えることが必要。

 

 

そうすることで皮脂の過剰な分泌も改善されてバランスが整い、毛穴に詰まる皮脂が減ることで、ニキビが治りやすくなります。

 

できれば定期的にスチームケアをするとより効果が高まります。

 

 

インナードライ肌の、肌内側に水分を溜め込んでおく力の弱さを補ってくれます。

 

スキンケアの前に蒸気を浴びることで肌が温まり、その後の化粧水や乳液の浸透度合いがぐっと上がり、肌の内側に水分を抱え込んでくれます。

 

あまりニキビとは関係ないように思われますが、インナードライ肌のトラブルは基本的に水分と油分のアンバランスさが原因。

 

 

まずバランスを整えてあげることが先決なのです。

 

このように、インナードライ肌がニキビを治すには、まず肌にしっかり水分を与えて油分の分泌量を減らすことが大切。

 

そのためには化粧水でしっかり保湿をし、併せてスチームなどで水分を溜め込むようにしてあげましょう。

 

 

必ずしもスキンケア用品をアクネケア専用にする必要はありません。

 

普段のスキンケアをちょっと工夫するだけで、効果が現れるでしょう。